男性の子育て参画推進研修会が大分市の県消費生活・男女共同参画プラザで開かれました。自治体や子育て支援施設の職員ら約50人が参加。父親が楽しんで育児に参加するためのポイントなどを学びました。

 研修会は、自治体や施設が子育て支援事業を企画する際に役立ててもらおうと県が実施。NPO法人ファザーリング・ジャパンの安藤哲也代表理事が「笑っている父親が家族を、地域を、社会を変える」をテーマに講演しました。安藤さんは「父親ほど素晴らしい仕事はない」と話し、父親であることを楽しもうと呼び掛けました。子育てを義務ではなく権利と考える、主体的に関わることなどが楽しむための極意と話しました。

 事例発表では、県内で絵本の読み聞かせなどをする任意グループ「おおいたパパくらぶ」の祖父江(そぶえ)伸矢さんが活動内容を紹介。祖父江さんは「仕事や趣味で身に付けたスキルで、子どもたちを喜ばせることができる」と経験を語りました。